Spotifyが2021年後半にHiFiの音楽配信開始を発表!

Spotifyが2021年後半にHiFiの音楽配信開始を発表!Spotify

音楽配信サービスプラットフォーム、Spotifyが2021年の後半に音質劣化のないCD品質の音楽配信サービスプラン、Spotify HiFiの配信を開始する予定とStream Onで発表しました。

以下、Spotifyの発表記事の内容を訳して紹介します。

Spotify HiFiに夜新しい高品質の5つの音楽体験

  1. 高品質の音楽配信は、ユーザーから最も求められていた新機能の一つです。
  2. Spotify HiFiは、CD品質のロスのないオーディオフォーマットでユーザーの端末とSpotify Connect対応のスピーカーに音楽を配信します。
  3. いつでもどこでも利用可能であることがSpotifiの取り組みの骨子であり、Spotifyは世界の最大手のスピーカー製造会社と共同でSpotify Connectを投資て多くの愛用者がSpotify HiFiを利用できるように取り組んでいます。
  4. HiFiはSpotifyのシームレスなユーザー体験と組み合わせて提供され、ユーザーが楽しめる方法で音楽を聞く事を確保するSpotifyの誓いの元で行われます。
  5. Spotify HiFiは今年後半の選ばれた市場でロールアウト開始となります。より詳しい情報を近い将来に共有致します。
Stream On: The power of HiFi – Billie Eilish & Finneas

Spotify 発表記事: Five Things to Know About Spotify HiFi

Spotify HiFiについての注目点、市場における影響など

Spotify HiFiの価格は?

現時点で高品質の音楽配信を行っているのは、AmazonとTidalです。Amazonは、2019年にAmazon Music HDをロールアウトしました。Amazon Music HDは、通常の音楽配信プラン、Amazon Music Unlimited (プライムカスタマーは月額7.99ドル、プライムでないカスタマーは9.99ドル)の上に位置付けられ、月額の使用料は、14.99ドル(プライムカスタマーは、12.99ドル)です。

高音質の音楽配信の先駆けTidalのHi-Fiプランは、月額19.99ドルです。

Apple Music は現時点では高音質の音楽配信サービスは提供していません。

日本で音楽配信サービスは普及するか?

世界規模で事業を展開するAmazon, Apple, Google YouTubeも音楽配信サービスを提供しています。現時点では、AppleとYouTubeは高音質の配信サービスは行っていません。高音質の音楽配信がある程度以上利用される上で、スタンダードの音楽配信サービスが幅広く普及する事が前提条件としてあります。現状、AppleとYouTubeは音楽配信サービスの普及に力を入れていると思います。

音楽配信大手で専業のSpotifyがHiFiのサービスを開始する事で、市場競争も活発化し、サービスの幅も広がる可能性もあります。

日本でどの程度まで音楽配信サービスが普及するのかも注目点です。

スポンサーリンク

Spotify
ドロイド101をフォローする
ドロイド101
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました