2019年前半 Android バージョンのシェア(利用比率)

2019年前半 Android バージョンシェア Androidについて

Androidのバージョンは、基本的に年に一度のペースで、新しいバージョンが提供されてきています。2019年8月の時点での最新バージョンは9.0です。

市場ではAndroid 最新のバージョンが最も使われているわけではない

最近Android スマートフォンを購入した場合は、最新バージョンが搭載されている可能性が高いですが、必ずしもそうとは限りません。

Googleが直接提供するスマートフォンのブランド Pixel の場合は、新しいバージョンが利用可能になると通知が届き、端末側でアップデートできます。

Google以外のメーカーのスマートフォンでは、Androidのアップデートの可否や更新方法は、端末の機種、メーカー、キャリアによって異なります。メーカーやキャリアによるアプリや設定などがある場合には、Androidのアップデートに対応していないこともあると思います。

アップデートできる場合でも、Androidのバージョンは更新せずに使っているユーザーも少なくないと思われます。

最新のAndroidバージョンを使用している機器は、全体の約1割程度しかありません。

2019年5月時点のAndroid バージョンシェア

Googleは、アプリの開発者向けにAndroidのバージョンのシェア分布調査を定期的に行って、調査結果を開発者向けのページに公開しています。現時点で公開されているAndroidのバージョンのシェア分布データは、2019年5月1日から5月7日までの7日間の期間で集計したものです。

バージョンコードネームAPI分布
2.3.xGingerbread100.3%
4.0.3 – 4.0.4Ice Cream Sandwich150.3%
4.1 – 4.3Jelly Bean16-183.2%
4.4KitKat196.9%
5.0 – 5.1Lollipop21-2214.5%
6.0Marshmallow2316.9%
7.0 – 7.1Nougat24-2519.2%
8.0 – 8.1Oreo26-2728.3%
9.0Pie2810.4%

Source: Platform versions – Distribution dashboard, Android Developers

最も利用が多いのは一世代前のOreo

2019年5月のAndroid バージョン分布パイチャート
2019年5月のAndroid バージョン分布 0.1%未満のシェアは除外

2019年5月第一週の時点で最も使用されているAndroidのバージョンはOreoです。全ユーザー(機器)の4分の一を超える28.3%は、Oreoを使用しています。Oreoは、2017年8月21日にリリースされました。

Oreoに続いてシェアが高いのは、Nougat(2016年リリース)、Marshmallow(2015年リリース), Lollipop(2014年リリース)と続き、最新バージョンのPieは第5位となっています。

上記調査の最終日、5月7日にGoogleは新機種Pixel 3aを発表しました。Pixel 3aは、これまでのPixelの位置づけであるプレミアム(高級機種)価格帯よりも廉価な設定となっています。Pixel 3aは、ミッドレンジの価格帯でありながら、高級機種と比べて遜色のない機能を備えている魅力的な機種です。

Pixel 3a の登場によって、現在の最新バージョン Pie のシェアは高くなっていると思われます。

2019年後半には、新機種 Pixel 4も発表され、新しいバージョン10.0、コードネーム「Q」が市場に投入される予定です。Androidのバージョンの分布も大きく変わることが見込まれます。

しかし、上に紹介した様に最新のAndroidを搭載した新モデルが市場に投入されても、多くのユーザーは過去のバージョンを利用しているのがこれまでの調査でも明らかになっています。この傾向は、今後も大きくは変わらない可能性が高いです。

Android バージョン確認方法

スポンサーリンク

Androidについて
ドロイド101をフォローする
ドロイド101

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました